ライフサイエンスシンポジウム Part 3
New Developments in AlphaLISA SureFire Ultr Assays for Measuring Cellular Protein Phosphorylation-細胞タンパク質リン酸化測定におけるAlphaLISA及びSureFire Ultraアッセイの開発



Speaker

Antony Sheehan PhD
Chief Scientific Officer
TGR Biosciences社
概要
細胞機能のモジュレーターに対する化合物ライブラリーのスクリーニングには、自動化に適したハイスループット技術が必要になる場合があります。 薬物の有効性の測定において、複数の細胞内シグナル伝達経路におけるタンパク質のリン酸化の測定は、常に必要とされています。 PerkinElmerのAlphaLISA SureFire Ultraタンパク質リン酸化キットは、迅速かつホモジニアスなアッセイを提供し、薬物の有効性を少数から多数のサンプル数で評価可能です。

サンプルあたりのデータの生産性を最大化するために、最近SureFire Ultraアッセイポートフォリオを拡張し、サンプルごとに2つのターゲットの分析に対して、Alpha SureFire Ultra Multiplexと呼ばれる、ホモジニアスなマルチプレックスアッセイフォーマットが追加されました。 このテクノロジーは、2つの異なるリンタンパク質、または同タンパク質のリン酸化とトータル、のいずれかを測定できます。現在、新しいタンパク質/トータルアッセイキットの開発を拡大し、様々なシグナル伝達経路のターゲットを、より多く選択できるようにしています。

最近では、Pelago Bioscienceが提供するCETSA Alphaアッセイ開発に対して、継続的なコラボレーションをサポートするために、Total SureFire Ultraアッセイキットの開発にも重点を置いています。 Pelago社は、創薬の初期段階で独自のCETSAテクノロジーと組み合わせるHTSプラットフォームとして、ALPHAテクノロジーの使用を優先しています。 そのために、Pelago社は、リン酸化のような翻訳後修飾に対するアッセイではなく、化合物のターゲットエンゲージメントを評価するために「トータル」タンパク質に対するアッセイを必要とします。

このウェビナーでは、最近開発された数多くのアッセイキットに関するデータを提示し、ハイスループットとロースループットの両方のスクリーニングプラットフォームとしてAlpha SureFireテクノロジーの有用性について解説いたします。
  

Screening of compound libraries for modulators of cellular function can require high throughput technologies amenable to automation. Protein phosphorylation within different cellular pathways is a common event for measurement of drug effectiveness. The AlphaLISA SureFire Ultra panel of protein phosphorylation kits from PerkinElmer provide such rapid, homogeneous assays, allowing drug effectiveness to be analysed for large or small sample numbers.

To maximize data generation per sample, we have recently expanded the SureFire Ultra assay portfolio to include the analysis of two targets per sample in a fully mix-and-read multiplexing format, termed Alpha SureFire Ultra Multiplex. This technology can measure either two different phosphoproteins, or the phospho and total levels of the same protein. We are now expanding the development of new phospho/total assay kits to allow a greater selection of pathways for analysis, where normalization of the phospho signal with the total protein is achieved.

More recently there has also been an increased focus on Total SureFire Ultra assay development to support an ongoing collaboration with Swedish company, Pelago Bioscience. Pelago preference the use of ALPHA technology as the HTS platform of choice to combine with their proprietary CETSA technology in early drug discovery. For such work, Pelago require assays against the ’Total’ proteins for assessing targeted compound engagement rather than assays against post translational modifications like phosphorylation.

Data will be presented on numerous recently developed assays, highlighting the utility of Alpha SureFire technology as a platform of choice for both high and low throughput screening applications.

本ウェビナーは、2020年6月23日に開催された回です。

Ondemand webinar

下記フォームを入力、送信いただくとご覧いただけます。※は必須項目です。

※ボタンをクリック後画面遷移します。正常に遷移しない場合はPKJ_Marcom@perkinelmer.comまでご連絡ください