ライフサイエンスシンポジウム Part 5
Automating human stem cell based functional genomics - ヒト幹細胞ベースの機能ゲノミクスの自動化



Speaker

Ernst Wolvetang教授
AIBN, University of Queensland
概要
ヒト胚性幹細胞または患者の体細胞からリプログラムされた人工多能性幹細胞(iPSC)は、どちらもヒト組織を模した 2D または 3D(オルガノイド)へと分化できます。 CRISPR 対応のゲノム操作を通して、この幹細胞を使う手法は、遺伝子構成と疾患(機能ゲノミクス)の関連性の研究や、薬物スクリーニングを可能にします。 私たちは、ゲノム編集の前後のヒト iPS 細胞からのシングルセルクローンと培養の自動化を実現し、定義された細胞タイプや脳オルガノイドなどの 3D 組織を自動で作成できるようになりました。さらに、このように作られた細胞はOperetta イメージングシステムによって、表現型や薬物応答が自動で定量化されます。これらの自動化と先入観のない定量化戦略により、さまざまな神経変性疾患に対する新しい疾患の表現型と新しい治療法の開発が可能になりました。


Both human embryonic stem cells or induced pluripotent stem cells (iPSC) reprogrammed from a patients' somatic cells, can be differentiated into 2D or 3D (organoid) representations of human tissues. Through CRISPR-enabled genome manipulation this approach allows interrogation of the relationships between genetic make-up and disease (functional genomics) and drug screening. We have adopted automation to culture and single cell clone human iPSC pre- and post genome editing and to generate defined cell types or 3D tissues such as brain organoids. We further take advantage of the in line Operetta imaging system to quantify cellular phenotypes and drug responses. These automation and unbiased quantification strategies have allowed the discovery of novel disease phenotypes and novel therapeutics for a range of neurodegenerative diseases.

本ウェビナーは、2020年7月7日に開催された回です。

Ondemand webinar

下記フォームを入力、送信いただくとご覧いただけます。※は必須項目です。

※ボタンをクリック後画面遷移します。正常に遷移しない場合はPKJ_Marcom@perkinelmer.comまでご連絡ください