ライフサイエンスシンポジウム Part 6
Reconstitution of COVID-19 virus:host interaction networks using in vitro protein expression-COVID-19ウイルスの再構成:in vitro発現系を用いた宿主タンパク質相互作用ネットワーク



Speaker

Kirill Alexandorv,
Professor,
Synthetic Biology,
Queensland University of Technology
概要
DNAやタンパク質など、生命体の構成成分を複製する能力は、ライフサイエンス研究におけるコアテクノロジーとなっています。ゲノムシークエンスの急激な増加を背景に、コードされた遺伝子産物の生産、研究、改変するための最良の方法について注目が集っています。構造、機能情報は単一のタンパク質分子それぞれにコードされていますが、この膨大な情報にアクセスすることは技術的および経済的に困難となっています。これは、生物学の幅広い分野における研究の進捗を決定する重要な技術的ボトルネックで、複雑なマシーン分子であるタンパク質の分析を行う際に、問題は特に深刻となります。 私たちは、タンパク質とタンパク質複合体の迅速かつ柔軟な生産、タンパク質工学や分析を可能にするアプローチに取り組んでいます。無細胞タンパク質合成システム、品質管理、in vitroホモジニアス相互作用アッセイAlphaLISAをインテグレートすることによって、以前は再構成が困難でであったCavin、HOPS、BBSomeなどの、いくつかのマルチサブユニットから成る、真核生物由来のタンパク質複合体のin vitro相互作用を再構築し分析できました。このアプローチは、ジカウィルスやCOVID-19ウイルスなどのウィルスと宿主細胞間の分子間相互作用解明に使用され、新規抗ウィルス化合物の創製の可能性を持つ新しい分子間相互作用を明らかにします。
本Webinarでは、タンパク質研究とタンパク質工学に対する、この開発されたテクノロジーについて解説します。


The ability to replicate the building blocks of life such as DNA and proteins represents the core technologies of Life Sciences. The exponential increase in the number of sequenced genomes has focused attention on how best to produce, study and modify the encoded gene products. While the structural and functional information is encoded in a single protein molecule, accessing this information is technically and economically challenging. This constitutes a critical technological bottleneck that determines the pace of progress in many areas of biology. The problems become particularly aggravating when analysis of complex protein machines is attempted. We are working on the approaches that allow rapid and flexible production, engineering and analysis of proteins and protein complexes. By integrating the cell-free protein production, quality control and homogeneous in vitro interaction assay based on AlphaLISA we were able to in vitro reconstitute interactions in several multi-subunit eukaryotic protein complexes such as Cavin, HOPS and BBSome that were previously refractory to reconstitution and analysis. The developed approach was used to study interaction within viruses such as Zika or between COVID-19 virus and the host cells that revealing novel interactions that can be potentially exploited to create novel antiviral compounds. The implications of the developed technology for protein research and engineering will be discussed.

本ウェビナーは、2020年7月14日に開催された回です。

Ondemand webinar

下記フォームを入力、送信いただくとご覧いただけます。※は必須項目です。

※ボタンをクリック後画面遷移します。正常に遷移しない場合はPKJ_Marcom@perkinelmer.comまでご連絡ください