ライフサイエンスシンポジウム Part 7
PlGF and assessment of placental function in the first and third trimesters of pregnancy- PlGF(胎盤増殖因子)と妊娠の1st trimesterおよび3rd trimesterにおける胎盤機能の評価



Speaker

Jon Hyett
Clinical Professor,
Sydney Institute for Women,
Children and their Families and
Royal Prince Alfred Hospital, Sydney.
概要
相次いで報告されている証拠は、妊娠の予想される有害な結果の特定における母体血清PlGF(胎盤増殖因子)レベルの評価をサポートしています。1st trimesterにおいて、PlGF(胎盤増殖因子)は多変量スクリーニングアルゴリズムのバイオマーカーとして早期発症型妊娠高血圧腎症 early onset pre-eclampsia(ePE)の予測に使用されます。このアルゴリズムは、世界中のさまざまな集団で検証されており、ePE発症する女性の90%以上を予測しています。安価な予防的介入(ハイリスク女性へのアスピリンの処方)を伴い、早期発症疾患の80%以上です。費用経済分析は、スクリーニングへの投資が妊娠後期の出産を通して回避される新生児ケアの費用を圧することを示しています。
3rd trimesterではPlGF(胎盤増殖因子)を単独、またはsFltと組み合わせて使用でき、高血圧の女性が良性の妊娠高血圧症ではなく妊娠高血圧腎症を発症しているかどうかを予測し、入院のトリアージを行い、疾患の重症度と差し迫った出産の必要性を予測が可能となります。陰性的中率を低リスク(高血圧ではない)集団で使用して、クリニックへの訪問の頻度を減らすことができます。胎児発育不全のスクリーニングにおけるPlGF(胎盤増殖因子)の役割を定義し、異数性のスクリーニングの代替アプローチでこのマーカーを採用する最良の方法を特定するには、さらなる研究が必要とされます


A growing body of evidence supports assessment of maternal serum PlGF levels in identification of potential adverse outcomes of pregnancy. In the first trimester, PlGF is used as a biomarker in a multivariate screening algorithm for prediction of early onset pre-eclampsia (ePE). This algorithm, validated in a diverse range of populations worldwide, predicts >90% of women who will go on to develop ePE. Coupled with a cheap prophylactic intervention (prescription of aspirin to high risk women), more than 80% of early onset disease. A cost economic analysis shows that investment in screening dominates costs of neonatal care avoided through later gestation of delivery. PlGF can be used in the third trimester, either alone or in combination with sFlt, to predict whether hypertensive women have pre-eclampsia rather than more benign gestational hypertension, to triage hospital admission and predict severity of disease and need for imminent delivery. The negative predictive value can be used in low risk (non-hypertensive) populations to reduce frequency of clinic visits. Further work is needed to define the role of PlGF in screening for fetal growth restriction and to identify the best way to adopt this marker in alternative approaches to screening for aneuploidy .

本ウェビナーは、2020年8月6日に開催された回です。

Ondemand webinar

下記フォームを入力、送信いただくとご覧いただけます。※は必須項目です。

※ボタンをクリック後画面遷移します。正常に遷移しない場合はPKJ_Marcom@perkinelmer.comまでご連絡ください